クレジットカードがほしい、私がカードを持ち始めた理由

クレジットカードは誘惑が多いものです。買い物をするたびに、「こちらの○○カードを作ると、年会費無料でカードがつくれます!」「こちらのカードには当店の○○のポイントも加算されるのでお得にお買い物ができます!」と、よくすすめられることがありますよね。

クレジットカードはとても便利なカードです。
ですから現在では多くの方がクレジットカードを保有していると思います。しかし、クレジットカードを持ち始めた理由はひとそれぞれなように思います。
クレジットカードを使えば現金では一括で支払えない高額商品を分割して購入できます。
このような使い方をするためにクレジットカードを持ち始めた方が多いと思います。
それがクレジットカードの本来の使われ方だと思いますので当然だとも感じます。
しかし、私が現在、使っているクレジットカードを持ち始めた理由は違います。

私がそのクレジットカードを持ち始めた理由はポイントを集めるためです。クレジットカードで買い物をすればポイントが付いてきます。
私が利用しているクレジットカードのシステムでは100円の利用ごとに1ポイントが付いてきます。
そして溜めたポイントは後から現金として使えます。
クレジットカードで買い物をすれば後から現金が戻って来ることになるのです。
こんなに良いサービスはないと思います。
こんなに良いサービスを見逃すことはないと思い、私は現在、使っているクレジットカードに申し込みました。

しかし私はクレジットの審査に一度落ちたことがあります。
理由はきちんとわかりませんが、恐らく携帯電話の料金の遅延が数回あったからだと思います。

クレジットカードやお金の借入に関する情報は信用情報機関に信用情報として一定期間記録されるんだが、延滞に関する履歴についてはその後2年間信用情報機関に登録されることになる。
つまり2年が経過して3年目になれば記録が抹消されるんだ。
出典:ブラックリストの人でも作れるクレジットカード

違うクレジットカード会社にも申込をしてみようかと思ったのですが、闇雲に何社も申し込んでも審査で落とされるかと思い、しばらく時間をあけて申し込んでみたところ審査が通り念願のクレジットカードを持つことが出来ました!

今では現金で支払うのが損だと感じるほどになっています。
クレジットカードは私の節約生活に無くてはならない本当に有難い存在になっています。

私個人の話になりますが、私はクレジットカードを一枚だけにしています。
明確な理由があります。落とした時に困るからです。また、複数枚所持していることによって、万が一にも盗難に遭った場合に
何を盗られて何が無事なのか?というところからスタートという事態を避けるためでもあります。

割と慎重でありながら、クレジットカードについて最近初めて知ったことがあります。
そんなことも知らずにクレジットカードを持っているの?と笑われそうな話になります。
それは、クレジットカードには署名をしておいた方がいいということです。

万が一落としたときや盗難の場合、盗難紛失保証されるからです。本人のサインが無いと保証対象外のようです。
これほどコンピューターで管理された世の中とはいえ、他人が筆跡を完全コピーすることは難しいので、筆跡が重要になっていているようです。

持ち歩くときは、おばさんぽいですが、肌身離さずといったかんじで相当気をつけていましたが、ひったくりに遭ったらアウトですね。
サインの無いクレジットカードを持って行かれたら。
というわけで、本日慌ててサインを書いた次第です。

UCカードのポイントを毎日のお買い物に還元してます

UCマスターカードのポイントの還元率は1000円で1ポイントといたって普通です。
買い物全てと公共料金と携帯電話の支払い、車のガソリン代、更には最近入った個人年金保険の掛け金まで出来るもの全てをこのカード支払い1本にしていると、知らず知らずのうちにポイントがたまります。

昨年は特に思いがけない手術と入院があり、費用が結構かかってしまったのです。
医大の附属病院だったためかカード支払いでき多様です。
かなり大きな出費になりましたので、ポイントに還元できるとたすかりますね。
しかも一括でなくて分割で支払う事も出来ますし、家計にはその方が優しいですよね。

医療費といえば、お家にペットがいる方。ペットちゃんの病院代もカード決済できる病院もあるみたいです。
ペットちゃんは人間の場合と違って健康保険がききませんので、治療によっては支払いは高額になります。
現金を下ろす手間も省けますし、カード支払いができる病院はかなり助かりますよね。

こうして貯めたポイントは、UCカードの場合、有効期限のない永久不滅ポイントとしてたまって
いきますので、ある程度たまると、SEIYUやその系列のショップで使えるショッピングカード
に交換してもらえます。
400ポイントで2000円分になります。このショッピングカードのポイントは最終利用日の翌日から3年ですが、家の近くの西友で食材や日用品といったデイリーな買い物に使えるのでとても便利です。
商品券やグッズにも替えられますが、特にほしいものがない場合は、このシステムはすごくいいですね。

クレジットカードの使い方について

クレジットカードは、商品やサービスを先に購入して、後で代金を返済するのが基本的機能です。
返済方法も小口の返済方法があるので、長期に不況が続いた状況下でも、あまり変わることなく、推移しているようです。
今では、国民の消費支出の約四分の一を占めているともいわれ、個人消費の大きな比重を占めるようになっています。
クレジットカードがここまで、成長できたのは、銀行や大手の流通系企業、或いは上場企業にまで、業容が拡大している会社である信頼感、小口返済による代金の後払い、利用できる加盟店の多さ等が背景にあると言えます。

元来、借金はどちらかというと、暗く嫌なイメージがありましたが、住宅ローンが普及するにつけ、クレジットカードのもつイメージも大きく変わってきました。
このように、カードのイメージが変わるということが、消費者の利用態度を大きく変えさせた理由であると思います。
今では、クレジットカードにローン機能を搭載するようにもなっており、ますます利用価値が広まっています。
しかし、一方では今後、今までのように会員と加盟店を増やすだけでは、カードの稼働率が下がり、経営を圧迫してきますから、質への転換を図る過渡期にきているのではないでしょうか。

年会費ただのゴールドカード

クレジットカードは、何にいくら使ったか等の明細がわかるのでレシートでお財布が汚くなる事もないです。またその明細が家計簿代わりにもなります。

年会費は無料のクレジットカードもたくさんありますが、最近は年会費が無料のゴールドカードもあるようです。
それは百貨店やデパートの会員クレジットカードです。
大体は自らの申込ではなく年間100万円以上の買い物をしている方の中から選ばれた方にインビテーションが来る感じだと思います。

私の母がゴールドカードなのですが、インビテーションでゴールドになったので年会費が無料です。
イオン系だとイオンラウンジというイオンの中の会員専用のラウンジが使用でき、お茶ができたりお菓子が食べられたりするのです。
買い物の間にほっと一息つけて、静かに休憩ができるのはありがたいことです。
よくイオンに行く人にはおすすめですよ。

DHCカード(三井住友VISAカード)

インターネットで化粧品を購入することが多くなった昨今、手軽さもあって便利ですよね。
三井住友VISAカードとDHCは提携しているDHCカードがあります。
新規入会でDHCの買い物の割引が利用できるそうです。
化粧品やサプリなど、まとめて購入することが多いので、6,000円以上購入でその度に500円割引が効き、それが2回=1000円と割引があります。
通信販売はもちろん、ショッピングモールに入っている直営店でも割引対象となるというのも魅力的です。

年会費もその1年全く使用しないと1312円取られてしまうのですが、DHCでも他店でも、1回でも利用すれば無料なので、それも良い点です。
他のサイトなどでも利用しますが、三井住友VISAカードのポイントサイトを経由してショッピングをすると、カードのポイントも貯まります。
DHCの通信販売での利用であれば、ポイントが2倍になります。
直営店ではポイントサイト経由が出来ないので、倍にはなりませんが、1%の割引をしてもらえます。
カード会員限定の商品割引やポイントなど、多岐に渡っているので、DHCを利用する人は持っていて損はないカードだと思います。

レンタル会員用のクレジットカード

最近はレンタル店の会員カードを作る時もクレジットカード機能がついたカードがありますね。
通常の会員カードよりもレンタル会員用のクレジットカードのほうがお得のようです。
また会員カードは1年間の有効期限があり、更新料がかかるので、更新の不要なクレジットカードが良いと感じました。

特定のお店では、より多くのポイントがたまるという点も魅力です。
レンタル店を頻繁に利用する方は、会員カードを提示して小銭を出す作業も面倒もないですしクレジットカード1枚あればレンタルをする際にもスムーズな会計ができるようになり、とても便利ですね。

またクレジットカードで買い物や公共料金の支払いでも利用をするようにすれば、多くのポイントを得られるようにしますね。
普通に生活していればポイントがたくさんたまるので、とてもお得ですね!
財布には小銭がたまることも少なくなり、財布の中身がすっきりしそうです。
利用頻度の高いお店が提携するカードにすると、特典も得られやすくて良いと思います。

興味のある方はぜひ入会してみてはいかがでしょうか?