クレジットカードがほしい、私がカードを持ち始めた理由

クレジットカードは誘惑が多いものです。買い物をするたびに、「こちらの○○カードを作ると、年会費無料でカードがつくれます!」「こちらのカードには当店の○○のポイントも加算されるのでお得にお買い物ができます!」と、よくすすめられることがありますよね。

クレジットカードはとても便利なカードです。
ですから現在では多くの方がクレジットカードを保有していると思います。しかし、クレジットカードを持ち始めた理由はひとそれぞれなように思います。
クレジットカードを使えば現金では一括で支払えない高額商品を分割して購入できます。
このような使い方をするためにクレジットカードを持ち始めた方が多いと思います。
それがクレジットカードの本来の使われ方だと思いますので当然だとも感じます。
しかし、私が現在、使っているクレジットカードを持ち始めた理由は違います。

私がそのクレジットカードを持ち始めた理由はポイントを集めるためです。クレジットカードで買い物をすればポイントが付いてきます。
私が利用しているクレジットカードのシステムでは100円の利用ごとに1ポイントが付いてきます。
そして溜めたポイントは後から現金として使えます。
クレジットカードで買い物をすれば後から現金が戻って来ることになるのです。
こんなに良いサービスはないと思います。
こんなに良いサービスを見逃すことはないと思い、私は現在、使っているクレジットカードに申し込みました。

しかし私はクレジットの審査に一度落ちたことがあります。
理由はきちんとわかりませんが、恐らく携帯電話の料金の遅延が数回あったからだと思います。

クレジットカードやお金の借入に関する情報は信用情報機関に信用情報として一定期間記録されるんだが、延滞に関する履歴についてはその後2年間信用情報機関に登録されることになる。
つまり2年が経過して3年目になれば記録が抹消されるんだ。
出典:ブラックリストの人でも作れるクレジットカード

違うクレジットカード会社にも申込をしてみようかと思ったのですが、闇雲に何社も申し込んでも審査で落とされるかと思い、しばらく時間をあけて申し込んでみたところ審査が通り念願のクレジットカードを持つことが出来ました!

今では現金で支払うのが損だと感じるほどになっています。
クレジットカードは私の節約生活に無くてはならない本当に有難い存在になっています。

私個人の話になりますが、私はクレジットカードを一枚だけにしています。
明確な理由があります。落とした時に困るからです。また、複数枚所持していることによって、万が一にも盗難に遭った場合に
何を盗られて何が無事なのか?というところからスタートという事態を避けるためでもあります。

割と慎重でありながら、クレジットカードについて最近初めて知ったことがあります。
そんなことも知らずにクレジットカードを持っているの?と笑われそうな話になります。
それは、クレジットカードには署名をしておいた方がいいということです。

万が一落としたときや盗難の場合、盗難紛失保証されるからです。本人のサインが無いと保証対象外のようです。
これほどコンピューターで管理された世の中とはいえ、他人が筆跡を完全コピーすることは難しいので、筆跡が重要になっていているようです。

持ち歩くときは、おばさんぽいですが、肌身離さずといったかんじで相当気をつけていましたが、ひったくりに遭ったらアウトですね。
サインの無いクレジットカードを持って行かれたら。
というわけで、本日慌ててサインを書いた次第です。